香春藩庁跡を訪ねて


香春藩とは

 

 

田川郡香春町にある香春藩庁跡を訪ねてみました。

宿場 香春

写真は香春の町並(宿場街としての面影があります)

 

皆さん、小倉藩や福岡藩、薩摩藩などの名前を聞いたことはあると思います。

香春藩ですがどこにあったの?と言えば田川郡の香春町です。

江戸末期の1867年から1870年の間に存在した藩とのこと。

御茶屋 香春藩庁跡

写真は藩庁跡ある石碑(御茶屋香春藩庁跡)

 

どのような経緯で立藩されたのかと言えば、第2次長州征伐が理由になります。

長州毛利家と徳川幕府は戦争をします。主に4つの

舞台で戦いが進められました。

そのひとつが北九州でおこなわれた小倉口の戦いがあります。

 

小倉城自焼

 

戦いに勝てないとわかった小倉藩は小倉城を捨て、田川の地に転進します。

長州との講和が香春町でおこなわれ、山縣有朋などの有名人も香春の地に

訪れたとされています。

DSC_0974DSC_0981

(写真は香春藩庁門 香春小学校にあります。 瓦には小笠原家の家紋)

 

香春藩から豊津県へ

 

長州との和議が成立し、香春藩が立藩されましたが、1870年にはお殿様の

御殿を新しく建てよう、藩庁を広くしよう、攻めにくい場所がいいなどの理由で

藩庁をみやこ町に移しました。

小倉藩から香春藩そして豊津藩へと移り変わった豊前ですが、大河ドラマの

裏側ではこんな切ない歴史がありました。

201号線、322号線からも近く、宿場街のなごりが残っています。

投稿者:

地球生まれの宇宙人。
歴史が好きです。歴史に関連したことを書いていきます。