平成26年度福岡県立東鷹高校定時制課程の卒業証書授与式(卒業式)を取材しました。


 

平成26年度福岡県立東鷹高校定時制課程の卒業証書授与式(卒業式)

を取材しました。

陽春の夕暮れが始まりかけていますが、まだ、明るい夕空でした。

会場は厳粛な中にも、温かい雰囲気に包まれ、感銘した素晴らしい卒業式

でした。

日時:平成27年3月1日(日)17:05~18:05

場所:福岡県立東鷹高校会議室

CIMG3058CIMG3056

東鷹高等学校校門付近

CIMG3060

式 次 第CIMG3061

卒業証書授与

CIMG3066    CIMG3067

校長先生より12名の卒業生がひとり一人卒業証書を受け取りました。

その卒業証書は卒業生にとっては、

人生の宝物となるものでしょう。

それは、卒業までの4年間に通い続けた努力の証ですね。

4年間、昼働き、夜学ぶという困難に打ち勝った証でもあります。

きっと、卒業生の手は、

卒業証書のずっしりとした重さを感じているようでした。

また、

卒業生の顔・体全身にあふれる喜びは、

すがすがしいオーラ

を発しているようでした。

 在校生代表送辞(生徒会長)

CIMG3076

  卒業生代表答辞(元生徒会長)

CIMG3081

CIMG3087   CIMG3089

私が最も感銘した瞬間は、卒業生の答辞を聞く時でした

卒業生が高校生活4年間の自らの体験を淡々と述べているその時に、

いろいろなことを思い出し涙した時でした。

一瞬時間が止まった感じがしました。

式場の参加者全員が心を動かされた時でもありました。

 定時制の卒業式は、心打たれるものがあります。

特に卒業生の答辞では、

生徒自らの体験を、言葉を飾らず、脚色せず、ありのままの自分の言葉

語るのです。

この内容はどんなに素晴らしい演劇に勝るものは無いと確信しています。

心に

深く届きます 

卒業生のみなさん。

心より御卒業おめでとうございます 

これからの人生を自らの手で切り拓いてください。

人生のいろんな局面で、

いろんな人が支援の手を差し伸べることでしょう。 

二度とない人生だから

明るく歩いてみませんか。

このページは に関するページです。
猪位金太郎

投稿者:

田川市位登で生まれ、猪位金小学校、猪位金中学校、田川高校と田川で教育を受ける。
九州工業大学工学部機械工学科を卒業し、機械設計エンジニアーとして4年間、高等学校に転職し教職34年間、母校の大学の広報に3年間勤務。
定年退職後、コークティブ・コーチングを学び、CPCC(米国CTI認定プロフェッショナルコーチ)とACC(国際コーチ連盟認定コーチ)の資格を取得。
国際コーチ連盟(ICF)主催の国際会議に2011年ラスベガス、2012年ロンドン、2013年シドニー、2014年オハイオ州クリーブランド参加し、世界のコーチング状況を把握。会議はすべて英語で参加。
4回連続して国際会議に参加したコーチは日本人としては私だけ。
高校時代より英語を細々と学び続け、現職時代よりNOVAで15年、インターネットの語学サイトrarejobで8年近くスカイプで英会話を学習中。
田川市郡では、まだまだ、コーチングの認知度が低いので、コーチングの普及を目的として「田川コーチング研修会」を設立し代表として活動中。
「二度とない人生だから明るく歩きたい」をモットーとして、
最近では、Think globaly Act locally の下、Quality of Lifeをあげる視点で日常生活を充実させるよう努めています。
田川市の若者が豊かな将来を迎えることができるよう微力ながら尽力したいと考えています。