香春町のグルメ

干し柿

香春町採銅所地区では伝統ある地元の干し柿技術を継承し魅力ある商品づくりに努めています。

採銅所の干し柿の特徴は、「あま干し柿」という製法で、皮むきから2週間位で短期間に仕上げ出荷することです。
現在は昔に比べ集荷量が減少傾向ですが、町・商工会・農協・福岡県とも協力・連携体制を取り、出荷量の増加とブランド化に向けて取り組んでいます。

今までは干し柿と言うと11月から12月だけの果物でしたが、完成後、急速冷凍で保存することによって年中、商品として提供出来るように開発を進め、シャーベット状でデザート感覚で食べることが出来るように改良を行っています。

いちじく

糖度が非常に高く甘い果実です。8月から10月が旬です。

福岡限定ブランドである「とよみつひめ」、従来のいちじくには見られない肉厚な白い果肉、その食感はなめらかで、口に残らない上品で自然な甘さがあります。

この「とよみつひめ」を加工品として、干しいちじく・ワイン煮・ジャムなどの商品を開発しました。


市町村別まとめページ

香春町