春日神社 岩戸神楽

伝統継承450年の春日神社 岩戸神楽

春日神社 岩戸神楽

春日神社に伝わる神楽。人間が用意したまつりの座に神が姿を現し、人々と膳をともにし、楽しむという神降りの芸能で、江戸時代には、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や雨乞いの祈祷(きとう)として、明治から昭和にかけての石炭産業隆盛期には、産業の発展や安全祈願に盛んに舞われていたものです。
春日神社岩戸神楽保存会によって、5月の神幸祭、8月の夏越祭(なごしさい)、10月の神待祭(かんまちさい)に奉納されています。

伝承される鬼面の一つには天保五年(1834)の銘が見られ、現存する豊前の神楽面の中では最も古い部類と言えます。
岩戸神楽は、豊前系の神職神楽に、筑前系の直方流(多賀神社)の神楽が混入した、藩域を超えた神楽の流伝から、他の豊前神楽に比べ特異的な伝承形態を持つ神楽として注目され、平成3年に福岡県無形民俗文化財に指定されました。

開催地

春日神社(田川市宮尾町6番13号)ほか

開催時期

5月の神幸祭、8月の夏越祭(なごしさい)、10月の神待祭(かんまちさい)


市町村別まとめページ

田川市