添田町の歴史

英彦山は古来、神の山として信仰されてきた霊山で、御祭神に天照大神(日の神)の御子、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が祀られていることから、「日の子の山」、即ち「日子山」と呼ばれていました。

嵯峨天皇の弘仁10年(819)、詔(みことのり)により「日子」の二字が「彦」に改められ、さらに霊元法皇の享保14年(1729)には、院宣により「英」の一字を賜り「英彦山(ひこさん)」と改称されました。


市町村別まとめページ

添田町