赤村の紹介

四季かおる山あいの村は、清流とほたるの里として、皆さんから愛され続ける赤村です。

赤村は福岡県筑豊地域の東部にあり、英彦山から扇状に走った山麓に挟まれた細長い盆地で、英彦山を源流とした今川が流れています。
土地は肥沃で、良質米が生産されており、山間部一帯では、緑と清流がつくりだした素晴らしい景観に恵まれています。

伝えによると、その昔、吾勝野(あがつの)と呼んでいましたが、阿柯(あか)と津野と称するようになり、その後、清和天皇の『光明赫々・・・・(こうみょうかくかく)』という言葉から『赤』の字を用いたといわれ、歴史上ゆかりの多い村として史跡や伝説が数多く残されています。


市町村別まとめページ

赤村