福智町の伝統産業

上野焼

400年以上の歴史を誇る国指定の伝統的工芸品

上野焼上野焼は、豊前小倉藩主・細川忠興(三斎)が慶長7年(1602年)に李朝陶工の尊楷を招き、陶土に恵まれた上野の地(釜の口窯)で窯を築かせたのが始まりとされています。

以来、利休七哲の一人である三斎好みの格調高い茶器が生み出され、細川~小笠原の歴代藩主が愛用した御用窯で藩窯として栄えました。
昭和58年には国(通産大臣)の伝統的工芸品の指定を受け、現在は20以上の窯元が点在しています。

上野焼は多種多様な色と肌が特徴で、格式ある茶陶ですが、日用品も数多く作られています。長い伝統から生まれた多彩な技法により、それぞれの窯元が工夫を凝らしています。


市町村別まとめページ

福智町